今話題の格安SIMとは?大手キャリアとの違いと乗り換えるメリットを紹介

話題になってから時間が経っていますが、格安SIMとは何かすでに理解できていますか?もしまだ理解できていないとしたら、かなり損をしているかもしれません。実際にいまの大手キャリアから乗り換えるかどうかは別として、格安SIMのメリットやデメリットを知りながら、自分にとって利用価値があるかどうか判断するのは大切なことです。思ってもいなかったようなレベルで毎月の通信費を節約できるかもしれません。ここでしっかりと理解しておきましょう。

格安SIMとは

 

格安SIMで通信費がお得になるらしい……と聞いていても、いまだに「格安SIMって何?」とよくわからない人が少なくないようです。もう理解できていますか?

格安SIMとは、大手通信業者(MNO)の設備を借りてサービスを提供している事業者(MVNO)が提供しているSIMのことです。

SIMとは、電話番号を特定できるIDが記録されているカードのことで、このカードを端末に挿し込むことによって通信や通話が可能になります。

大手通信業者のキャリア回線と比較して、MVNOは安くサービスを提供することができるため、一般的に「格安SIM」と呼ばれています。

この記事では、格安SIMについて詳しく取り上げていきます。

  • 通常キャリアの違い
  • メリットとデメリット
  • 格安SIMの選び方
  • どの格安SIMがいいの?

 

格安SIMについてよく理解して、いまの通信環境を見直す助けとして活用できます。

さっそく見ていきましょう!

格安SIMと通常キャリアの違い

 

格安SIMと通常キャリアの違いはどこにあるのでしょうか?

「格安SIM=安いが悪い」「通常キャリア=高いが良い」と考えているなら、それは不正解です。

まず、SIMという言葉ですが、すべての携帯電話にはSIMカードが入っていて、このカードがないと通信できません。MVNOによってSIMが安く販売されているので、格安SIMと呼ばれるようになっています。

通信業者であるドコモやauが通信回線を自前で持っているのに対し、格安SIMを販売しているMVNOは通信回線を借りています。

自社で膨大な費用をかけて設備投資をしなくて済み、まとまった数の回線を借りて契約者へ販売することで通常よりも安くサービスを提供しています。

格安SIMにするメリット

 

格安SIMにしたほうがよいのでしょうか?そのメリットをあげてみます。

  • 月々の料金が安い
  • 契約年数の縛りがない
  • プランやオプションの選択肢が多い

つまり、通常キャリアで契約するデメリットはその逆になります。

  • 月々の料金が高い
  • 契約年数の縛りがある
  • 選べるプランが少ない

格安SIMにする最大のメリットは「料金が安い」ことです。通常キャリア利用者の月額平均は7,000円~8,000円と見られていますが、格安SIMでは2,000円~3,000円程度になっています。平均的な使い方の人なら毎月5,000円近くの節約になります。

契約年数の縛りも、これまで大手キャリアと契約するときに当たり前のように経験してきたはずですが、格安SIMなら好きな時に契約して好きな時に解約できます。

やや柔軟性に欠ける大手キャリアに比べて、格安SIMではプランが細かく設定されています。そのため、本当に自分にピッタリで無駄のないプランを選択できます。

以上、大きく分けて3つのメリットがあります。

格安SIMにするデメリット

 

格安SIMにする前に知っておくべきデメリットは何でしょうか。

格安SIMにするデメリット

  • 通信速度が遅くなることがある
  • 会社によってはサポート窓口が少ない
  • 通話メインの場合は通話料が発生する

キャリアの回線を借りている格安SIMでは、お昼や夕方などたくさんの人が通信を利用する時間帯に速度が低下することがあります。

契約するMVNOによっては、店舗や店頭窓口が少ないことも知っておくべきです。

大手キャリアの場合は「カケホーダイ」プランなど、通話料金を気にしなくてもよいプランがありますが、格安SIMでは同様のプランはなく、長くても5分、10分のかけ放題にとどまっています。

格安SIMのメリットとデメリットを確認しながら、自分に合っているかどうか考えるとよさそうです。

>>格安SIMのデメリットについてさらに知るなら

主要格安SIMを比較してみよう

 

国内で利用できるMVNOが販売している格安SIMはいろいろあります。

ここで主要格安SIMを簡単に比較してみましょう。

MVNO会社名 料金 速度 総合評価
Mineo(マイネオ)
ⅡJmio
UQ mobile
楽天モバイル
BIGLOBEモバイル
イオンモバイル
DMM mobile
OCN モバイル ONE
LINE モバイル
U-mobile
Nifmo

 

ここで取り上げた事業者以外にもありますが、主要各社を比較するだけでも見えてくるものがあります。

>>さらに格安SIMを比較するなら

格安SIMの選び方

 

格安SIMにすることに決めたら、次は「どのMVNOで契約するか」を考えることになります。

最終的に自分が満足できるためには、少なくとも次の3つの視点で考えてみるとよいでしょう。

  • 値段
  • 速度
  • 容量

とにかく格安SIMにして通信料金を安くしたい!という気持ちが強いなら、MVNOの中でもとくに料金が安いことで知られている会社にすると満足できるはずです。

「格安SIMでも、ある程度の速度は欲しい」と思うなら、とくに混雑する時間帯でも快適に使えるかどうか、口コミなどをチェックしながら選ぶとよいです。

通信容量は、各社とも豊富なプランを用意していますので、その中から最適なものを選部のがおすすめです。

>>格安SIMのおすすめを知りたいなら

格安SIMランキング

 

はじめての格安SIM選びなら、難しく考えずにみんなが高く評価しているものを試してみるのも悪くはありません。

この格安SIMランキングを参考にすることができます。

ランキング MVNO会社
1 Mineo ドコモかauユーザーなら、いまのスマホをそのまま使える便利な格安SIM。

パケットを分け合えるサービスや、コミュニティ「マイネ王」が好評。

2 UQ mobile auの回線を使っているUQ mobileは、人口カバー率や通信速度の速さ、店舗網で選ばれている。

2つのパターンの無料通話が用意されているので、通話重視派でも満足できる。

3 楽天モバイル 通信に力を入れている楽天グループ。1年目の月額料金割引や長く契約するとお得になるプランなど、長く使いたい人におすすめ。

楽天スーパーポイントも貯まる。

4 Y!mobile ショップが多くて利便性が高く、自前の通信設備を持っているので通信速度も安定。

10分以内通話無料もあり、これまでのキャリアと同じ感覚で使いたい人におすすめ。

5 ⅡJmio ドコモとauに対応で、料金・速度共にバランスがいい格安SIM。

データシェアできるので家族での乗り換えが便利でお得。

MVNOとしての歴史も長い。

6 OCNモバイルONE ネットも通話もできて毎月1,600円からの格安SIM。

細かく節約したいときには1日単位で通信容量が決められる日次コースがある。

7 BIGLOBE 3GBのデータ通信のみなら月額900円からの格安で使えるサービスが魅力。

SIMの使い方がわからないときやトラブル時も、電話やチャットでのサポートが手厚くて安心。

8 DMM mobile 業界最安値を目指すDMMグループ。

とにかく最安値で通信を利用したいという人には満足できるかも。

最大3枚までSIMカードをもらえるので、家族でのシェアにもピッタリ。

9 イオンモバイル 豊富な料金プランの中から自分にピッタリのものを選べるイオンモバイル。

全国のイオンにカウンターがあり、契約やサポート面でも安心。

10 U-mobile 25GBの大容量プランを含め、用途に合わせて通信を安く快適に提供しているU-mobile。

LTE使い放題などユニークなプランも話題に。

単純に料金などの数字で比較すると、使い始めてから後悔してしまう可能性があります。

料金や速度、サポート体制など、さまざまな角度から比較して総合的に評価したランキングは、購入するときの参考になります。

>>詳しくはこちら

まとめ

 

格安SIMが話題になっている一方で、「安いらしいけどなんだか心配……」と感じている人が多いのも事実です。

まず「格安SIMとは何か」をはっきり理解して、そのメリットとデメリットを知れば、いまのまま通常キャリアを使うか格安SIMに乗り換えるか判断しやすくなります。

格安SIMのメリットが大きいことに気づいたら、次は「どのMVNOにするか」決めることになります。

それぞれ魅力的なサービスを提供していますが、自分に合っているものを探すことになります。格安SIM比較ランキングなどを参考にして、これだ!と思うものを見つけたらさっそく手続きを進めていきましょう。

格安SIMを上手に活用して通信費を節約してみませんか?