格安SIMで人気のIIJmio(みおふぉん)!シンプルなプラン設定で選びやすい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

格安SIMの中でもllJmioには信頼と実績があります。今回初めて名前を聞くという人も、そのサービスと料金プランを見れば使いたくなるはずです。慌てて契約する前に、まずこの特集で、llJmioについていろいろな角度から分析してみませんか?

IIJmio とは

Source: 公式サイト

IIJmio(みおふぉん)は、自分らしいスタイルを追求するというコンセプトから誕生した格安SIMのサービスです。

格安スマホ業界でも高いシェアを誇っており、サービス提供における歴史があるため、新規参入業者のいきなりの撤退による混乱のような不安もありません。

個人向けインターネットサービスの分野で定評のあるIIJmioの格安SIMについて見ていきましょう。

この記事では主に、料金プランや通信速度などの基本情報に加え、その強みや弱み、ユーザーの生声の分析などを含めています。

IIJmio の料金プラン

IIJmioも含め、格安SIMを検討するときに最初に確認したくなるのが料金です。

いまのプランと比較してどれくらい安くなるのか知れば、「やっぱり格安スマホにしよう!」と動きやすくなります。

IIJmioは、大きく分けて3つのプランを用意しています。

  • ミニマムスタートプラン
  • ライトスタートプラン
  • ファミリーシェアプラン

順番に見ていきましょう。

ミニマムスタートプラン

ミニマムスタートプランは、SIMが最大で2枚まで使えて、毎月の通信量が3GBになっています。

料金表(2018年1月現在)

 データ通信専用SIM(タイプD) 900円
 SMS機能付きSIM(タイプD) 1,040円
 SMS機能付きSIM(タイプA) 900円
 音声通話機能付きSIM(タイプD) 1,600円
 音声通話機能付きSIM(タイプA) 1,600円

ライトスタートプラン

ライトスタートプランは、SIMが最大で2枚まで使えて、毎月の通信量が6GBになっています。

 

料金表(2018年1月現在)

 データ通信専用SIM(タイプD) 1,520円
 SMS機能付きSIM(タイプD) 1,660円
 SMS機能付きSIM(タイプA) 1,520円
 音声通話機能付きSIM(タイプD) 2,220円
 音声通話機能付きSIM(タイプA) 2,220円

ファミリーシェアプラン

ファミリーシェアプランは、SIMが最大で10枚まで使えて、毎月の通信量が10GBになっています。家族でのシェアに最適です。

 

料金表(2018年1月現在)

 データ通信専用SIM(タイプD) 2,560円
 SMS機能付きSIM(タイプD) 2,700円
 SMS機能付きSIM(タイプA) 2,560円
 音声通話機能付きSIM(タイプD) 3,260円
 音声通話機能付きSIM(タイプA) 3,260円

他との料金比較はこちらから!

IIJmio の通信速度

次にIIJmioの通信速度をチェックしてみましょう。

まずは仕様からです。

タイプD(ドコモ)の最高通信速度

  • バンドルクーポン適用時⇒下り最大788Mbps、上り最大50Mbps
  • バンドルクーポン非適用時⇒最大200kbps

タイプA(au)の最高通信速度

  • バンドルクーポン適用時⇒下り最大370Mbps、上り最大25Mbps
  • バンドルクーポン非適用時⇒最大200kbps

ドコモの回線を利用しているほうが、下りの通信速度が速くなっています。対応機種によって速度には差が出てきます。

では理論上ではなく実測ではどれくらいになるのでしょうか?

どの数値をもって「実際の速度」というかは難しいのですが、参考までに実際に測った速度を書いておきます。

タイプD(ドコモ)の実効速度

  • 朝8時過ぎ⇒下り16.85Mbps、上り3.73Mbps
  • お昼⇒下り0.59Mbps、上り0.53Mbps
  • 夕方6時過ぎ⇒下り6.15Mbps、上り4.04Mbps

タイプA(au)の実効速度

  • 朝8時過ぎ⇒下り9.83Mbps、上り2.91Mbps
  • お昼⇒下り0.50Mbps、上り0.32Mbps
  • 夕方6時過ぎ⇒下り6.02Mbps、上り3.73Mbps

理論上の数値と比較して、そこまで速度は出ていません。

ほかの格安SIMにも言えることですが、お昼の時間帯には速度が落ちてしまいます。

ただ、IIJmioは上りのスピードが出ているので、SNSへの投稿や動画アップはスムーズにできます。

他との速度比較はこちらから!

IIJmio の強み

IIJmioの仕様を確認することができました。料金、速度共に、格安の通信を楽しむには満足できるレベルの設定になっています。

ここからはIIJmioの強みにスポットを当てていきます。

複数のSIMを持てる!

単純に料金プランを見ているだけでは気づかない、IIJmioの強みがあります。それは、複数のSIMを持てることです。

どのプランを選択しても、最大で2枚のSIMを持つことができます。

「でも1人で複数のSIMはいらないでしょ?」と思うかもしれませんが、使い方はいろいろあります。

たとえば、子どもが大きくなって携帯を持たせたいと思っても、新しい機種を買って契約をするとなると、なんだかもったいなく感じてしまいます。

そんな時は、自分のいまのプランでSIMを2枚持ち、以前に使っていた古いスマホにSIMカードを挿せば、子ども用にすることができます。

また、家族でスマホを契約する場合、1つずつ別個で契約しなくてもいいので便利です。

そのほかにも、1人でスマホとタブレットを使うときも、別個の契約ではなく同一の契約で2枚のSIMをそれぞれに挿入できるので便利です。

docomo回線とau回線が選べる!

IIJmioなら、docomo回線かau回線を選ぶことができます。これは、いまdocomoかauを使っている人にとってはかなり便利です。

いま大手キャリアと契約していて、端末も契約時にサポートを受けて購入しているなら、SIMロックがかかっているかもしれません。そのロックがかかっていると、通常は解除しなければほかの会社のSIMを使えません。

しかし、IIJmioなら、docomoで買ったスマホであればDプラン、auで買ったスマホならAプランを利用することで、SIMロック解除をしなくてもそのまま端末が使えてしまいます。

ソフトバンクユーザーにとっては強みではありませんが、docomoかauユーザーなら見逃せません。

バースト転送機能で低速通信時でも快適に!

格安SIMを使っているときに困るのが、高速で通信できる容量を使い切ってしまうと一気に速度が下がり、ほとんどデータ通信ができないくらいになってしまうことがあります。

IIJmioも同じように、高速通信の分を使い切ると速度が下がるのですが、バースト転送機能があるので低速通信時にも快適さを確保できます。

低速通信になっても、はじめの一定量だけは高速通信が利用できるので、テキスト中心のウェブページやツイッターなどであればサクサク読み込めます。

バースト転送の仕組み

  1. 高速通信の分を使い切る
  2. 低速になる
  3. 通信開始の少し量だけ高速通信を利用できる
  4. その間に読み込んだ分のデータは快適に閲覧できる

バースト転送がないと、「ちょっと調べ物をしよう」と思ってページを読み込もうとしても、いつまで経っても開かないという状態に陥ります。

これからの格安SIM選びは、「バースト機能を導入しているかどうか」で決まるといっても過言ではありません。

IIJmio の弱み

IIJmioなら複数のSIMを持つことができ、docomoかauならそのまま利用でき、バースト転送機能で低速時も快適であることがわかりました。

こんどは弱みと思われる部分にも目を向けていきましょう。

ある人にとってはデメリットになりますし、そうではない人もいることでしょう。

料金プランが少ない

弱みとなり得るのが「料金プランの少なさ」です。

たしかにほかの格安SIMを扱っている会社の中には、30種類近いプランを提供しているところがあります。

一方、IIJmioでは大きく分けて3つのプランに対して、データ通信専用、SMS付き、音声通話付きに分かれているだけになっています。

ただ、逆にいうとシンプルで決めやすいという声も上がっています。

豊富なプランを求める人にはデメリットとなり、シンプルさを求める人にとってはメリットになる。そんなところですね。

キャリアメールが使えない

いままで当たり前と思っていたキャリアメールが、こんどからは使えなくなる。これも弱みになり得ます。

docomoでもauでもそのまま使うことができるのですが、唯一キャリアメールだけは引き継ぐことができないので、手離さなければなりません。

いちおうIIJmioでは「みおふぉん」のメールアドレスがもらえるのですが、正直なところあまり使い勝手は良くありません。

もし格安SIMへの乗り換えを検討しているなら、ほかの会社で契約してもやはりキャリアメールは使えないわけですから、この機会に連絡用アドレスの変更を検討する必要があります。

この点で、いちどgmailなどで作成してみて、試しに使ってみることをおすすめします。意外とキャリアメールよりも便利で使いやすいことに気づきます。

混雑時の通信速度が少し遅い

実行速度で見ると、混雑時、とくにお昼の時間帯の通信速度が遅い。これもIIJmioの弱みになり得ます。

ただし、格安SIMの中では普通くらいですから、「遅くなることがあるのでIIJmioはやめたほうがいい」というわけではなく、どうしても気になるなら格安SIMという選択肢自体をやめたほうがいいと言えます。

実際に使ってみると、動画やゲームのヘビーユーザーでない限り、遅くて使い物にならない……ということはないようです。

心配な時は口コミをチェックしてみると安心です。

IIJmio の口コミ、レビュー

llJmioにもたくさんの口コミが寄せられています。かなり個人の感情が入っているものもあれば、冷静に分析しているコメントもあります。

その中からピックアップしてみました。

悪い口コミからわかるデメリット

  • 対応が良くない

    1/5

    顧客対応は最低最悪でした。
    フリーダイヤルではないのに繋がらなくても長時間保留になる。

    みん評

  • 割り切って使えばいいかも

    3/5

    速度面を割り切って使えるのであれば、信頼ある通信業者ですので満足できるかと思います。

    価格.com

これまでずっと大手キャリアを利用してきて、なんでも電話をしたり窓口に行ったりして手厚くサポートしてもらったという人にとって、格安SIMを扱っている会社のサービスやサポート体制は“劣悪”に感じるかもしれませんね。しかし、コスト削減の一環として、不必要に人件費をかけないゆえに、わたしたち利用者は恩恵を受けて、通信費を安くしてもらっていると考えることができます。

速度面でも同じで、「以前に比べると遅く感じることもあって最悪!」と考えることもできますが、安くなった通信費以上に不都合や不具合を感じているかという観点で考えると、もっと違った答えが出てきそうですね。

良い口コミからわかるメリット

  • 問題なく使えます

    5/5

    毎月約1000円の安さなので多少スマホ本体が高くても大手キャリアに2年間払うよりはるかにお得です。
    契約当初は通信スピードに不満がありましたが徐々に改善されてきているようでよほどヘビーなユーザーでない限り問題無く利用できると思います。

    みん評

  • 困ることはありません

    5/5

    基本的にauと同じで、困ることはないと思います。
    微妙にpingが増加しましたが、リアルタイムのゲームでもやらなければ特に問題はないかと。

    価格.com

「問題なく使える」「困ることがない」というのが、最高の評価だと思います。現実的に考えて、「大手キャリアの時より速いし待遇も何もかも上!」ということはないはずですが、とくに変化を感じなくて通信費がかなり安くなっていたら、そんなうれしいことはありません。

お昼の時間帯の通信速度を気にする人も多いと思いますし、通信環境によるところが大きいのですが、「とくに問題ない」という声が多いと安心できますね。

IIJmio にさらにお得に乗り換える方法

大手キャリアから格安スマホにすること自体がお得で、その中からllJmioを選ぶこともお得な判断ですが、「もう一声!」と思う人も少なくないはずです。

ここで、さらにお得に乗り換える方法がないか探っていきましょう。

エントリーパッケージを買おう!

llJmioでは、格安SIMのパックを販売しています。これはAmazonや大手家電量販店などで購入できるエントリーパッケージです。

ただ買うお店が違うだけなの?

そんなふうに思ってしまうのですが、じつはお得に乗り換える方法の1つとして活用できるのです。

通常、llJmioを使うためには事務手数料として3,000円(税抜)かかるのですが、このエントリーパッケージを購入すると事務手数料が無料になります。つまり3,000円の節約になる、クーポン的役割を果たしてくれるのです。

「とにかく安く契約したい」という人におすすめです。

理解しておきたい点として、少しでも早く契約したい人は、エントリーパッケージを購入するよりも公式サイトからすぐに申し込む方が早くなります。

キャンペーンを利用しよう!

標準プランでもお得になっているllJmioですが、さらにキャンペーンを利用することで安くなります。

展開されているキャンペーン(2018年1月現在)

  • 音声でもデータでも どちらも満足キャンペーン
  • BIC SIM 2大特典キャンペーン
  • ネットとSIM セットでおトクなmio割
  • お友達紹介特典
  • 端末補償オプション など

とくに、新規申し込みによって、翌月からみおふぉんの利用が1年間月額300円割引に、通信データ容量が1年間1GBの増量になるキャンペーンは見逃せません。

自分のプランを無料でワンランク上のものにできるキャンペーンを利用しない手はありません。

その他にもいろいろなキャンペーンをしています。会員ログインすることでたくさんのキャンペーン情報が閲覧できるようになります。

キャンペーン一覧はこちらから!

IIJmio で格安SIMデビューしよう!

どの会社のサービスを利用するとしても、格安SIMに乗り換えることでいまよりもお得に通信を楽しめます。

そんな中で、llJmioを選ぶ人が多いのは、その背後に信頼と実績があるからです。

品質で選ぶとllJmio、しかも調べてみたら料金プランがシンプルながらお得!

そんな声が広がって、サービス開始以来着実に利用者数を伸ばしています。

あらためてこの記事でllJmioのサービス全体を振り返ってみて、その後で「どこで格安SIMデビューするか」決めてみませんか?

デビューしなければいつまでたっても今のままで、お得にはなりません。

さっそく絞り込んでいきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*